スポンサーリンク
基本的なPythonの文法

for構文②|range()関数を組み合わせて、指定した回数を繰り返し処理する

for構文とrange()関数を使用し、回数の決まった繰り返し処理を解説。
リストや関数について

リスト型|いろいろなリスト型操作を学ぼう!

値をひとまとめにしたグリープを「リスト」といいます。今回はリスト作成に役立つ関数や操作方法をみていきましょう。 リスト内の特定の値を指定して表示する 1週間の曜日をリストにし、リストの中の指定した順番の要素を表示するプログラム...
リストや関数について

for構文①|リストを作り、作成したリストの内容を繰り返す

これまで、計算と出力を一度だけ処理するようなプログラムを書いてきました。今回は繰り返し同じ処理を実行するプログラムについて学びましょう。まずfor構文をみる前に「リスト」という値をグループとしてまとめて扱うことのできる概念を簡単に確認しま...
基本的なPythonの文法

条件分岐③|if-elif-else構文でより多くの条件処理をおこなう!

if構文、if-else構文とみてきました。今回は複数の条件処理を順番に判定していくif-elif-else構文をみていきましょう。 if-elif-else構文の基本形 if 条件式 :____if節の条件式で「True」の...
基本的なPythonの文法

条件分岐②|if-else構文とブール演算子

if構文では条件式が「True」である場合にのみ処理が行われるプログラムを作りました。今回はif-else構文を用いて条件式が「True」「False」どちらでも結果を返すプログラムを作成します。日本語で言うと「もし〇〇そうでなければ&#...
基本的なPythonの文法

条件分岐①|if構文の基本形と比較演算子を学ぼう!

条件によってプログラムの流れを変えることのできる機能「条件分岐」をみていきます。日本語で言うと「もし〇〇なら、⚫⚫する」に相当するものです。今回は条件分岐のif構文、条件となる式に用いる比較演算子について学びま...
基本的なPythonの文法

format()メソッド|文字列に値を埋め込む

今回は文字列の中に変数を入れることのできるformat()メソッドの使い方をみていきましょう。 format()メソッドの書式 ”文字列".format(値1, 値2, ...) 固定文字列の中の、変数を入れたい部分に「...
基本的なPythonの文法

文字列①|「’」と「”」を文字列に入れる方法&様々なエスケープシケンス

文字列を定義するときに用いる「'」「"」などのコーテーションを文字列に入れる方法、特殊な文字や改行をするとに用いるエスケープシーケンスという技法についてみていきます。 文字列にコーテーションを入れる Python3にはシングル...
基本的なPythonの文法

変数について

値に名前をつけて記憶する「変数」という仕組みについて学びましょう。 変数とは何か? 数値や文字列などのデータ類をまとめて「値」といいます。「変数」は値を記憶できる箱のようなイメージです。変数を利用すると、同じ値を複数箇所に利用...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました